大正時代に作られた多摩川煉瓦堤防は、今や町の「塀」となって、埋め立て地との境界線になっている。
あちらこちらに見かける純粋階段や謎の金具などが、かつて川であったことを伺わせる。