東京駅の屋根は、第二次大戦の空襲で破壊され、応急処置として三角の屋根をつけられて早70年。このたび5年に渡る復元工事が終り、本来の東京駅の姿を取り戻した。と言っても70年以上前の姿を知らない人の方が多くなってしまった現在、この駅舎は新しい東京の象徴なのです。東京駅屋根 濱口元 濱口大輝